愛知県 犬山市 江南市 大口町 扶桑町の外壁塗装ならヨコイ塗装

良い塗装工事とは

よい塗装工事にするには、ズバリ!職人さんを知ることです!


ずばり言います。直接工事をする前に「職人さん」を知ることです!


まずは、「自社職人による、直接施工」のできる
「我が社」に相談すること
です。
「大手だから安心だ」という理由で、
ハウスメーカーさんに任せる場合が多いようです。

ハウスメーカーさんは、家を建てるのが専門で、
直接、塗装工事をするわけではありません。
出来ないから結局、私たちのような専門業者に依頼してくるのです。

ということは、当然のごとく
無駄な仲介手数料(中間マージン)が発生します。

業者によって違いはありますが、
場合によっては、20%〜30%近くも高くなります!!

それどころか、よくある事例が、
現場のことを営業マンが窓口になって下請け、
孫請けへと発注することがあります。

このような場合間に、
何人もの人が入るために、不必要な経費を生み出し、
当然、工事費も高くなります。


おまけに、お客様のご要望や
わずかな変更も伝わりにくく、トラブルも発生します

要は、責任の所在があいまいになってしまうからです。


たとえば 「ケーキはどうやってえらびますか?」
「偽装」がはやっていましたね。

コロッケ、牛肉、マンション、洋菓子等・・・
例をあげれば、いろいろと出てきますね。

もしあなたがケーキを選ぶとしたら、
どうやって選びますか?
おそらく、ショーウィンドウから
1番おいしそうに感じられるケーキを選びますよね。

仮につぎの場合、
どちらのケーキを選びますか?
ただし、中身は見れません。
左の箱は、かざりつけのきれいな箱です。
右の箱は一見普通のシンプルな箱です。

どちらのケーキを食べたいですか?

そうですよね、これだけでは不十分ですよね。

では、箱には、小窓がついています。
そして、中がのぞけるようになっています。

中を見てみますか?

そうですね、中をみてみましょう。
左の飾り付けられた箱の中をのぞきました。

すると、ケーキの形はくずれ、グチャグチャになっています。

では右の箱の中身はどうなっているのでしょうか?

右の普通の箱の中をのぞいてみました。
すると、形はきちんと整い、大変おいしそうです。
さて、あなたはどちらをえらびますか?

実は、塗装の業者選びも同じことがいえるのです。
例えるなら、家に訪問してくるセールスマンは、
ケーキを囲む箱のようなものです。

逆に、ケーキは何に当たるかというと、
実際に施工する職人になります。
塗装も中身の職人をみないと、いけないのです。

では、実際のときは、どうしたらいいのでしょか?
そうですね、箱のなかのケーキをのぞいたように、
ほんの少し、職人を知ることです。

実際に職人に会わせてもらう。
職人が実際に仕事をしているところを見せてもらう。
電話で話してみる等。
職人の人柄を、営業マンに確認してみる。
(これは、最低限必要!)
等、以上のことをするだけでも、危険がかなり減ります。

したがって、
「営業マンがいいひとだから・・・」
「セールスレディが信用できるから・・・」

たしかにまちがってはいないです。
でも契約する前には、もう一つだけやることがあります。

それは、実際に施工する職人に会って、
そしてどういう人物かを確かめること
です。
人柄、技術、思いが混ざり合った職人こそが、おいしいケーキなのだからです。

「どうすれば危険な目にあわないですむか?」

仮に遠方の親せきから、
塗り替えのアドバイスを頼まれたとします。
そしたら、このようにアドバイスをしようと決めております。

「信頼できる知り合いはいないですか?」
「塗り替えをされて、 大変満足している知り合いは、いないですか?」

(長い間、経過していて)
これらに、該当するような業者がなければ、
少し、勉強をしていただきます。

インターネット、雑誌、本などで情報を集めていただきます。
特に、次の本を読むように勧めます。

「『リフォーム』が危ない! 塗替え編」
西野 一 安田 啓   出版社 エクスナレッジ

1冊 1560円なので、塗り替えで失敗するリスクに比べたら、
微々たるものになります。

この本には、塗装の基本になることが、書いてあります。
また、職人が知らないようなことまで、やさしく書いてあります。
したがって、実際に、へたな職人よりも知識が豊富になることができます。

また、営業マンの上手なトークにも、
自信をもって、反論できるようになるからです。
では、実際にする時を想定してのアドバイスがこちらです。


営業マンだけでなく、職人にも会ってください。
そして人柄を確かめてください。

特にこんな言葉を言う営業マンには注意して下さい。

『○○キャンペーン中で、やすくしますよ!』
『先着○○名様だけには、限定価格!』
『はやくしないと』
『いますぐ』

と心理的に誘導してくるようなところは、
絶対にお断りするように、アドバイスします。

また実際、工事が始まったら、強引な業者は

「こちらも、やっときましたよ!」
「ここも、悪くなってたから、やっといたよ」

親戚のかたの了承もとらずに、
勝手に、追加工事を進めていく様子が目に見えてくる
のが、
理由になります。

実際の初面談のときは、挨拶などが済みましたら、
実際に、工事してもらうところを 指さし確認して、
双方納得するようにしてもらいます。

後々、
「言った、言わない!」
の問題が起きやすいので、しっかり確認をしておいてもらいます。

営業マンへの質問としては、
いままでの、クレーム事例とその対応について、
聞いておくようにアドバイスします

「いままで、どんなクレームがありましたか?」
「たとえば?」
「具体的には?」
「どう対応したのですか?」
「他には、どんなことがありましたか?」

こういったことに、ちゃんと答えられるか、
そしてどういった対応してくれるか聞いてもらいます。

そしてまたアフターフォローに関しても、 同様に質問してもらいます。
具体的には、

「アフタフォローはどうされているのですか?」
「具体的には?」
「どのくらいのペースで?」

等質問してもらいます。

こちらも、実際アフタフォローをしているところは、
スムーズに答えることができるはずです。

そして職人にはこれらの質問をしてもらいます。
たとえば

「洗浄以外の下地処理にはどれぐらい日数をかけますか?」
(たいていは、1日以上かかる)

「縁切りって、しっていますか?」
(カラーベースト屋根対象 これをしないと雨漏りの原因になってしまう。)

「フッ素系の塗料は、 なるべく新品の缶を使えっていわれたのですが、
どうしてですか?」
(保存期間が短く、いわば、賞味期限がみじかいから)

「光触媒系の塗料は、 急に汚れるようになるって聞いたのですが、
どうしてですか?」
(媒体いわゆる機能が、急激になくなるから)

「コーキング補修して、数年後には汚くなってしまうのは、どうしてですか?」
(コーキング材にふくまれている成分が、 塗膜をとかしてしまうから。そもそもコーキング材は汚れやすいので。)

「夏暑い時は、シンナーが蒸発して塗りにくくなると聞いたのですが、
どう工夫されているのですか?」

(ペンキ缶専用のふたがあります。こちらを付けると、シンナーの蒸発、 急な雨降り等に対応できます。している業者は、あまり見かけませんが。)

「ハンディ ブラストってしっていますか?」
(下地処理に悩まれた方だけが、知っています。
砂を銃の様なもので、打ちつけ、旧塗膜をとる機械です。)

以上の質問は、職人でもなかなか知らない人が多いです。
逆にいえば、ちゃんと知識のある職人を判別できるのです。いわばおいしいケーキの、見分け方になります。

では、実際に見積書が届いたらどこをみるか?

次のようにアドバイスします。
数字と施工個所の確認をしましょう。

面倒でも、自分自身の手で、
図面の数字を把握しておくようにと、アドバイスします。

それが、不可能ならば、
「ここの数字は、どこからきたのですか?」
と遠慮なく聞いてみるように言います。

納得できないようであれば、ここで
「すいません、ご縁がなかったようで・・・」
と断るように勧めます。

見積書の数字は、結構適当に書かれていることが多く、
安易に妥協しないことが、必要です。

また、ここでは指さし確認した内容が、
合っているか確認します。
また、塗料の機能やグレードを、知っておくことも大切です。

機能
「防藻・防カビ機能」・・・藻やカビの発生を防ぐ
「透湿機能」・・・内側からの湿気や空気を通す。
「弾性機能」・・・ゴムのような弾力性がある。ひび割れを防ぐ
「低汚染機能」・・・汚れを付着しにくくする。
「超低汚染機能」・・・水滴が流れやすい。汚れがすぐに流される。
等いろいろあります。

樹脂名で塗料のグレードを、判断できます。

耐久性が高い順から、
フッ素樹脂、シリコン樹脂、ウレタン樹脂、アクリル樹脂、 となります。

当然、価格も耐久性に比較することになります。
しかしながら、注意点があります。
樹脂の配合率で、耐久性が異なってくることです。

例えば、
アクリルシリコン樹脂塗料
「アクリル樹脂が入っているから安いんだ!」
そうではないのです!!

アクリル樹脂とシリコン樹脂、 それぞれの配分量によって、
耐久性も価格もきまる
のです。
したがって、塗料の耐久性は価格で知るのが、一番です。

ですから
「右の塗料と左の塗料、どちらが高いのだろう?」
とインターネット等で調べてもいいかもしれません。
そして、業者間の比較に使いやすいよと、 アドバイスします。

いざ、契約する前には、
次の2点を約束してもらうよう、 アドバイスします。

1 中塗り 上塗り時は、開始前に一声かけてもらうこと。
また、ほんの少しだけ、色を変えてもらうこと。
理由 中塗りを省く業者もいます。
また、日が当たって反射すると、どこまで塗ったか、
本当に分かりにくくなることがあります。
職人の塗り残しを防ぐ意味でも、ほんの少しだけ、
色を変えることお勧めします。

2 工程ごとに写真を撮ってもらうこと
特に、みえないところを
理由 見えないところは業者が、手を抜きやすいところです。
(優良業者なら、自ら提案してくると、思われますが。)


お見積もりはこちら

ヨコイ塗装 お客様担当
ヨコイ塗装 横井孝之

こんにちは、横井隆之です。
塗装一筋、地域のお客様に
ご満足いただける塗装を
目指します!
お問い合わせはこちら

笑顔ペンキ職人のブログ
メニュー
  • 良い塗装工事とは
  • お客様の声
  • ヨコイ塗装のこだわり
  • 施工実績
  • 会社案内
  • おかげさま通心
  • お問い合わせ

ヨコイ塗装 会社概要
ヨコイ塗装 代表 横井高明
ヨコイ塗装 代表 横井高明

1棟、1棟、心をこめた 親切・ 丁寧な塗装がモットーです。
お住まいの外壁塗装、 屋根塗装などのご相談は お気軽にご連絡ください。

住所: 〒480-0102
愛知県丹羽郡扶桑町高雄字
扶桑台171
TEL: 0587-93-1546
FAX: 0587-93-1699
お問い合せはこちら